一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私が料理好きだというのは、以前より書いていました。



料理をする上で、道具、しかも包丁は重要なアイテムになります。



私はこれまで使っていたのは、随分前に友人からいただいた、ドイツの何とかゆうメーカーのものでした。



研いでもそこそこまでしか切れず、一度包丁研ぎ屋さんにも出してみましたが、

あまり切れ味の改善はありませんでした。



ちょっとお金をかけてもいいから、いい包丁を買ってみたいと思うようになりました。



色々と調べたり、包丁にうるさい友人、よく行く飲食店のシェフに聞いた結果、



●手入れを考えたらステンレスがいいだろう

●刃の長さは21−24cmがいいらしい

●牛刀が便利




などの情報が入りました。



以前、牛刀を借りて使った時に、「これいい!ほしい!」と思ったので、

牛刀で、ステンレスで、刃は21cmを買うことに決めました。



値段は色々、それぞれが、色々とうんちくを教えてくれるのですが、

どれがいいのか悪いのかの判断がつきません。



そんな時に、別の友人が、大阪の中央市場の中にある、

包丁屋さんなら、プロの包丁を扱っているから、良いもの売ってると思うよ。



と教えてもらい、早速買いに行きました。





で、買ったのがこれです

包丁を新調してみました



それまでの下調べだと、ステンレスの高級包丁は1万円以上していたのですが、それよりも安く買えました。



と言っても安いのが欲しかった訳ではないので、

これはプロ並みなのか、手入れを怠らなければ、長年満足いくものなのか

と聞きましたが、即答で「大丈夫」(あまり話さない方でした)



あんなに時間をかけて考えて、買いに行ったのに、購入は1分程度。



ちょっと半信半疑はあるものの、使ってみると、



切れる、切れる、切れる。



使う度に感心して「ほほう」と言う感じです。



もっともこれまでのように、気軽に使うことはできず、

刃の鋭さを考えたら、一瞬の気の緩みで、大けがをすることもあるので、慎重に使うようになりました。



「楽に切れる」代わりに、「緊張感」が現れるようになりました。



それから、刃を18cmの万能包丁から21cmの牛刀にすると、デザインのせいもあるのですが、すごく刃が大きくなった気がします。



総合的に考えると、買ってよかった。

楽に切れる気持ちの良さを味わっています。



こだわって、もっともっと追求すると、更なるこだわりのもあるようですので、

機会があれば、もっと研究してみたいと思います。

  • -
  • 09:31
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

ネックレス ADELFIへ

ネックレス ADELFIへ


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Selected Entry

Comment

  • 新しいサングラスを購入しました
    JUN
  • 新しいサングラスを購入しました
    akikoko
  • もう少し静かにしてほしいラーメン店
    JUN
  • もう少し静かにしてほしいラーメン店
    akikoko
  • バイクの品評会
    JUN
  • バイクの品評会
    yoko
  • 噛みしめのくせを治したい
    JUN
  • 噛みしめのくせを治したい
    akko-chan
  • 東京・神戸のシャドウヨガスクールのご案内
    JUN
  • 東京・神戸のシャドウヨガスクールのご案内

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

PR

Recommend

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM